スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2017年6月の展示


Gallery Photo/synthesis クローズ展「水無月閉廊」
2017年6月4日(日)~6月25日(日) 金土日のみオープン
13:00~19:00

2014年8月1日、四谷四丁目にオープンしましたGallery Photo/synthesisは、6月をもちまして閉廊いたします。ギャラリーのクローズにあたり、展示作家を集めた展覧会を開催いたします。ベテラン作家から新人作家まで3年の間に、展示した作家の作品が一堂に会します。

出品作家
須田一政、関口正夫、西村陽一郎、伊藤成、鈴木杏子、kucci、三浦和人、宮崎皓一、小川周佑、平賀淳、大塚勉、後藤元洋、村田都 etc.

Gallery Photo/synthesisは、3.11によって再認識した、記憶と身体を核として、「写真と身体」をテーマとした3年という期間限定のコンセプトギャラリーでした。

また、作家自身が企画運営を行うインディペンデントでオルタナティブなスペースで、なおかつ、コンセプトギャラリーであるという独自な展開をしてきました。

展示内容も写真、映像、美術、パフォーマンス、など横断的な表現領域を、また、「トークショー」「ポートフォリオレビュー」「映像の実験」 「Photo cafe」「写真市 Photo Marche」「Photo fes」 「自主ギャラリーの系譜資料展」など多岐にわたるイヴェントも開催しました。

クローズ展をご覧頂き、改めてGallery Photo/synthesisの3年間の活動を記憶に残していただければ幸いです。


3年弱の期間ではありましたが、展示(写真・映像・美術)、企画、イベントなど横断的な表現の場として展開することができました。

また、ギャラリー活動による、多くの出会いはメンバー個々のこれからの活動の糧となるでしょう。

多くの皆様に、ご支援、ご協力いただきましたことを深く感謝いたします。
ありがとうございました。

Gallery Photo/synthesis メンバー
平賀淳、大塚勉、後藤元洋、村田都

スポンサーサイト
2017-06-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2017年5月の展示

花街2015-小

平賀淳写真展「花街2015-2017北陸編」

会期:5月5日(金)〜28日(日)
   *5日(金)と土日のみ開廊
時間:13:00〜19:00
Gallery Photo/synthesisとしては最後の個展となります。
「花街」シリーズの最終章として、2015年より北陸、2016年より東北の日本海側を撮っています。今回はその北陸編として富山・石川・福井を撮影しました。
東北編は8月スタートの新ギャラリー ヨクトで発表します。
2017-04-26 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2017年4月の展示



大塚勉写真展 「ある日・2016年11月16日・晴れ・福島」

2017年4月1日(土)~30日(日)
金・土・日・開廊
開廊時間・13:00~19:00

「震災から5年経過した福島県楢葉町・常磐線木戸駅周辺の一日」
5年経過した復興の現場では、堤防や道路工事に使用するために、山林を掘削している現場、隣接する耕作地には太陽光パネルを活用した、動物捕獲用の檻、但し、山林の掘削現場との関係は不明、その他、海岸の護岸工事、道路、残土、残された木々、放射能の影響でそのままにされた、津波で破壊された堤防、帰還して生活感のある家、隣の植物に覆われた人の住んでない家、各所にある汚染土仮置場、その様な「ある日」の写真です。

A3サイズ  モノクロ28点
2017-04-06 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2017年3月の展示



村田都展 「トリ リリク – Out of the Window – 」

3月4日(土)〜26日(日)(土日のみのオープン)
開廊日: 3月4・5・11・12・18・19・25・26日
13:00〜19:00

「自分」の足元を掘り続けて、たどり着いたのは「空」

空の中に飛翔して鳥の目で大地を見下ろすと、
今までバラバラに見えていた場所や物が
全てつながりあって存在していることが鮮やかに見えてきた

(写真によるインスタレーション)

1998年の初個展以来、電車で運ばれながら撮った「Traveling」(2003〜2006年)、ほぼ定型の日常の中を漂うように撮った「Floating」(2010年)など、「自分の内側に潜って、自分が投影されている外界を撮影した写真」を用いてその時々の視点による世界観をインスタレーションとして構成し、発表してきました。

定期的に自らの身体を記録するシリーズ「Digging」(2014〜2016年)で「自分の外側に出て、世界の中に存在している自分自身を俯瞰する」試みを経て、さらに新しい視点へ。
2017-03-04 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

12月の展示

イメージ小

平賀淳写真展「この照る月は満ち欠けしける」

期日:12月4日(日)〜25日(日)
    *土日と22(木)23(金)のみ開廊
時間:13:00〜19:00

世間(よのなか)は空しきものとあらむとぞこの照る月は満ち欠けしける

この歌は、満ち欠けする月を見て、世の無常を嘆く万葉集中の挽歌である。
2012年から撮り始めた「花街」の東日本のシリーズをまとめ終えた時にふと眼に留まった歌だ。

そもそも、1998年から撮り始めた「花街」は繁華街を通して滅びと再生を見つめようとした作品である。
2011年にそれまで発表した作品の総括的な展示を福岡で行った。その終了翌日に東日本大震災が起きてしまった。その年は、計画停電で暗くなった東京やそれまで撮ってきた街に変化がないか尋ねて回った。見た目には関西方面にはほとんど影響は感じられなかった。そこで、2012年からはちょうど「花街」の撮影地として抜け落ちていた東日本を訪れることにしたのである。

ただ通り過ぎることだけしかできなかった地も多いが、八戸から千葉の旭市まで訪問するのに3年かかった。
今回も「花街」のシリーズの一環として繁華街を中心に撮影し、そこから沿岸の被災地にも足を伸ばした。被災地ではなるべく復興(幸)商店街を訪れるようにした。ここが街の再生の拠点になるのではないかと思ったからである。しかし、5年を経過した今、復興は自分が想像したものと違う方向に進んでいる。

その後も、長野県北部や近くは熊本で大震災が起こっている。人智を超える自然災害に関しては世の無常を嘆くことしか出来ないかも知れないが、そこに人災といえるものが加わらないことを祈るばかりである。
2016-12-06 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »
Gallery Photo/synthesis 地図
Gallery地図
Pagetop

プロフィール

jhpd

Author:jhpd

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。